« 『『罪と罰』を読まない』 | トップページ

2016年1月11日 (月)

『読めよ、さらば憂いなし』

松田青子の『読めよ、さらば憂いなし』(河出書房新社)を読む。帯買い。「私たちには本と映画がある だから今日も生きていける」...正にその通り。そして憂いなし。紹介する作品から著者が拾う言葉がじんわりと良くて、読みたくなる・観たくなる。特にドラマ『すいか』のくだりは素晴らしい。うんうんうんうんと頷き過ぎて首が取れるかと。『すいか』ラバーに悪い人はいない。『すいか』だけで三次会まで飲める。嗚呼同志よ!

|

« 『『罪と罰』を読まない』 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/63043116

この記事へのトラックバック一覧です: 『読めよ、さらば憂いなし』:

« 『『罪と罰』を読まない』 | トップページ