« 『増補版 ぐっとくる題名』 | トップページ | 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 »

2015年1月17日 (土)

『ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ』

三上延の『ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ』(メディアワークス文庫)を読む。シリーズ6冊目、太宰に関する話故、そのあたりは読む方も気合が入り(好きだからさ)、めっさ楽しめた。しかし、そんな風に古本の魅力を教えてくれる反面、人間のダークな部分をシビアに晒し後味の悪さを残すのもこのシリーズの魅力なのか。古本が絡むと道を逸脱する人や裏のある人腹黒い人狡猾な人....と普通の顔をした魑魅魍魎がこわいです。こわいです。もう一回言ってみた。

|

« 『増補版 ぐっとくる題名』 | トップページ | 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/60988985

この記事へのトラックバック一覧です: 『ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ』:

« 『増補版 ぐっとくる題名』 | トップページ | 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 »