« 『ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ』 | トップページ | 『盗まれた視線』 »

2015年1月18日 (日)

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

ELジェイムズの『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(全三巻)』(ハヤカワ文庫)を読む。若くてイケメンで唸るほど金持ちというグレイ氏の倒錯的な性嗜好を、まだまだ恋愛に関して夢いっぱいの女子大生が受け入れるか否かで延々引っ張る、まあちょっとどぎつめのロマンス小説といったところか。どSのグレイ氏がどうしてこんなに歪んでしまったかというトラウマ的な話も、すまんあんまり興味ない...。これがハリー・ポッターより売れたって、人ってやっぱりエロが好き!(俺も買ってるけど)という結論です。

|

« 『ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ』 | トップページ | 『盗まれた視線』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/60994212

この記事へのトラックバック一覧です: 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』:

« 『ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ』 | トップページ | 『盗まれた視線』 »