« 『菊之助の礼儀』 | トップページ | 『侠飯』 »

2015年1月10日 (土)

『おまえじゃなきゃだめなんだ』

角田光代の『おまえじゃなきゃだめなんだ』(文春文庫)を読む。やさしい味、と言う表現がなんだかキライだった。聞く度に「ケッ」と思っていた。しかし、表題の小説に登場するある食べ物の”やさしい味”に、参った。やさしい、としか言い様がない、ただそこにあるだけなのに気持ちに寄り添いあったかくしてくれる食べ物。おお、これが正に”やさしい味”ってやつか、と感動すら覚えた。タイトルがまた泣かすね。ティファニーに関する短編も大層良い。女性はジュエリーを贈られる事が勿論好きだが、それを選んでくれたりする時間を含めて更に嬉しく愛おしく思うのだ。ジュエリーはただの物ではない、人生に深く関わるキラキラなのだよ。

|

« 『菊之助の礼儀』 | トップページ | 『侠飯』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/60953188

この記事へのトラックバック一覧です: 『おまえじゃなきゃだめなんだ』:

« 『菊之助の礼儀』 | トップページ | 『侠飯』 »