« 『ドミトリーともきんす』 | トップページ | 『あなたがいてもいなくても』 »

2014年10月 2日 (木)

『烏に単は似合わない』

阿部智里の『烏に単は似合わない』(文春文庫)を読む。入り口は十二国記的な異世界ファンタジー。その類が苦手な人でも割りとすんなり馴染める世界観とキャラ設定で、四人のお后候補の誰が入内するのかしら?つう、女の敵は女!みたいなどろどろを楽しんでいるうちに物語は暴走し、本作が松本清張賞受賞作品だということにはたと気付かされるのであった。なんじゃこりゃああああ、と松田優作で叫ぶ。ヤラれたよ。

|

« 『ドミトリーともきんす』 | トップページ | 『あなたがいてもいなくても』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/60411181

この記事へのトラックバック一覧です: 『烏に単は似合わない』:

« 『ドミトリーともきんす』 | トップページ | 『あなたがいてもいなくても』 »