« 『帝国ホテルの不思議』 | トップページ | 『女のいない男たち』 »

2014年1月16日 (木)

『カキフライが無いなら来なかった』

せきしろ×又吉直樹の『カキフライが無いなら来なかった』(幻冬舎文庫)を読む。しびれるタイトルでまず気絶。せきしろと又吉の奇跡のカップリングに悶絶。ふらっと自由で何気なく鋭い、普通だと思ってたらいつの間にか捩れていたり、おセンチで繊細でバカバカしくも哲学的で、おもしろうてやがて哀しかったりもする、二人が作り出す自由律俳句の世界にすっかり囚われている。あまりに好きすぎて、絶賛真似っこ中。自由律俳句、簡単にできそうだがこんな風にはいかないね。当たり前か。

|

« 『帝国ホテルの不思議』 | トップページ | 『女のいない男たち』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/58957233

この記事へのトラックバック一覧です: 『カキフライが無いなら来なかった』:

« 『帝国ホテルの不思議』 | トップページ | 『女のいない男たち』 »