« 『なんらかの事情』 | トップページ | 『書店員の恋』 »

2013年11月 2日 (土)

『第2図書係補佐』

又吉直樹の『第2図書係補佐』(幻冬舎よしもと文庫)を読む。実は又吉にはひとめぼれだった。たたずまいとかちょっと何を考えてるのかわからない感じがツボだった。むのすごい本読み(しかも太宰好き)だと知ったのは後からだ。その時、己の見る眼っつうか趣味のよさに軽い旋律を覚えた。なんつって。しかし又吉の読書量と、本に対する愛と、それを伝えようとする文章力や切り口の豊かさ面白さには、驚くべきものがある。タレント本なんて!と切ってしまうのは簡単だが、それだけで読まないのは損失だと思う。本を愛している人の書く文章は本を愛している者には絶対通じる。それ含め、わたくしの男を見る眼は間違いない...と自画自賛である。だからといって、シアワセになれるかどうかはまた別な話だ。

|

« 『なんらかの事情』 | トップページ | 『書店員の恋』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/58501798

この記事へのトラックバック一覧です: 『第2図書係補佐』:

« 『なんらかの事情』 | トップページ | 『書店員の恋』 »