« 『クレイジーケンズ マイ・スタンダード』 | トップページ | 『人生に座右の銘はいらない』 »

2013年5月 6日 (月)

『昨夜のカレー、明日のパン』

何気なく復活。木皿泉の『昨夜のカレー、明日のパン』(河出書房新社)を読む。脚本家・木皿泉のはじめての小説っていったらもう買うしかないのだ、あのドラマ『すいか』がいつまでも胸の中に居続けるわたくしとしてはね。タイトルから既に良い。声に出して言いたいタイトル。力強いフォントとざっくりした装丁。イイね。勿論、話も良い。普通の生活と、誰もが多かれ少なかれ人知れず抱える悲しみ。どんなに辛くてもキツくても、生きている者は生き続ける。生きながら、大切な人の死をゆるゆると受け入れていく、その過程その方法が木皿泉の言葉にかかるとこんな風に!という驚きと、やっぱりの安心感。好きだなあ。

|

« 『クレイジーケンズ マイ・スタンダード』 | トップページ | 『人生に座右の銘はいらない』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/57324618

この記事へのトラックバック一覧です: 『昨夜のカレー、明日のパン』:

« 『クレイジーケンズ マイ・スタンダード』 | トップページ | 『人生に座右の銘はいらない』 »