« 『お好みの本、入荷しました』 | トップページ | 『ヴェニスを見て死ね』 »

2012年10月18日 (木)

『伏(ふせ) 贋作・里見八犬伝』

桜庭一樹の『伏(ふせ) 贋作・里見八犬伝』(文春文庫)を読む。実は里見八犬伝をあまりよく知らないので(薬師丸ひろ子のとか...あと歌舞伎で観たくらい)、どう贋作なのはよくわからず。知ってたらもっと面白いのかもしれないけれど、知らなくても充分楽しめた。山から下りてきた猟師の娘が、江戸の町を跋扈する伏という犬人間?を狩る(ざっくり)、伝奇時代劇とファンタジーの狭間で繰り広げられる冒険活劇。色は鮮やか、音は賑やか、森や獣や風の匂いも確かにしてくるような。五感を揺さぶられ、いつまでもその世界から戻れないような気がしました。

|

« 『お好みの本、入荷しました』 | トップページ | 『ヴェニスを見て死ね』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/55921605

この記事へのトラックバック一覧です: 『伏(ふせ) 贋作・里見八犬伝』:

« 『お好みの本、入荷しました』 | トップページ | 『ヴェニスを見て死ね』 »