« 『私は古書店勤めの退屈な女』 | トップページ | 『もしもし下北沢』 »

2012年9月17日 (月)

『悪の教典』

貴志祐介の『悪の教典』(上下巻・文春文庫)を読む。生徒から絶大な人気を誇る爽やかイケメン教師・蓮実の、まさかの正体とは!?みたいな、もうほとんどホラーだホラー。こええええ。イヤな話だわーと思いつつ、でも全然やめられませんでした。こんな邪悪な話を夢中で読んでしまう自分は、もしかしたら根っこの部分が悪なのか?なんて若干後ろめたくすらなってしまい、変なところで必要もなく落ち込んだ。どうしてくれる。そしてこれ、三池崇史で映画化なんだってね...最強の監督を得て、ハスミンが更なるモンスターになること間違いなし。伊藤英明のハスミンもむのすごいはまり役な気がして、嗚呼こわいのもみたさで観ちゃうかも。

|

« 『私は古書店勤めの退屈な女』 | トップページ | 『もしもし下北沢』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/55675589

この記事へのトラックバック一覧です: 『悪の教典』:

« 『私は古書店勤めの退屈な女』 | トップページ | 『もしもし下北沢』 »