« 『もしもし下北沢』 | トップページ | 『左京区七夕通東入ル』 »

2012年9月19日 (水)

『任侠学園』

今野敏の『任侠学園』(中公文庫)を読む。前作『とせい』で出版社再生に挑んだ、義理人情を重んじる正統派ヤクザ・阿岐本組が、今回は潰れかかった私立高校を建て直す!っつうマーヴェラスでファンタスティックな任侠小説。荒みきった学園にヤクザよりタチの悪い生徒、無気力な教師、モンスターペアレントと、これでもかの状況に風穴を開ける阿岐本組の立ち回りを見よ!すかっとして後からほろり。唐獅子株式会社とかプリズンホテル系のチャーミングなヤクザが活躍する話は大好物なんす。ある意味ファンタジーかもしれないけどね。大事なことはみんなヤクザから教わった。なんてな。

|

« 『もしもし下北沢』 | トップページ | 『左京区七夕通東入ル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/55692594

この記事へのトラックバック一覧です: 『任侠学園』:

« 『もしもし下北沢』 | トップページ | 『左京区七夕通東入ル』 »