« 『悪の教典』 | トップページ | 『任侠学園』 »

2012年9月18日 (火)

『もしもし下北沢』

昨日の『悪の教典』の苦味を緩和するべく、よしもとばななの『もしもし下北沢』(幻冬舎文庫)を読む。決して全面的に癒される話でもないのだが、でもじんわりとからだの隅々まで効いた。いきなりな喪失感の中から少しずつでも再生していくみたいな話は、よしもとばななの真骨頂かも。「人を殺すのも人だが、人を救うのも人の力だ」という、如何ともしがたい闇のなかに確かに見える力強い光。特別なことではなく、誰の日常にもきっとある光。だから絶望することはないよな!と思えてくる。それにしても本書に出てくる下北沢の街がとっても魅力的。「レ・リヤン」の麦のサラダがすごおおおおく食べてみたい。

|

« 『悪の教典』 | トップページ | 『任侠学園』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/55685163

この記事へのトラックバック一覧です: 『もしもし下北沢』:

« 『悪の教典』 | トップページ | 『任侠学園』 »