« 『書店ガール』 | トップページ | 『ハング』 »

2012年9月30日 (日)

『ダブルファンタジー』

村上由佳の『ダブルファンタジー』(上下巻・文春文庫)を読む。著者のデビュー作がどうにも合わなかった為、それ以来一切読んでなかったのだが、本作は女のプロと言うべく友人の強いお薦めで読んでみた。予想に反して案外のめり込んだぞ。村山由佳に謝りたい。呼び捨ててるけど。全篇ほぼエロ!なんだが、たかがエロされどエロ、それは己の生きかたにも関わってくることなのだな。主人公の奈津(←売れっ子脚本家)のいる世界が華やか過ぎて庶民にはぴんとこないとこもあるけれど、女性という性のめんどくささ、一筋縄ではいかない奥深さ、口に出せない激しい気持ちをもてあます感等々はどこにいてもさほど変らないとは思うので、女性ならば共感できる部分があるに違いない。タイトルの意味も、わかった時にやるせない。予断だが、奈津の師匠にあたる演出家が出てくるとどーしても蜷○を思い浮かべてしまい、いいところでも若干萎え気味だったわたくしを許して下さい。

|

« 『書店ガール』 | トップページ | 『ハング』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/55784277

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダブルファンタジー』:

« 『書店ガール』 | トップページ | 『ハング』 »