« 『絲的炊事記』 | トップページ | 大宮エリー「思いを伝えるということ」展 »

2012年1月29日 (日)

2011年版おさる的 Best book of the year

今更か!という空気が濃厚ではあるが、一応恒例なんで...。そしてこれ書かないと既読本、仕舞えないんで...。つうわけですっかり忘れた頃のベスト10冊であります。季節はずれで恐縮です。

    * * * * * 

2011年どころか、2012年も始まってそろそろひと月が終わる。後手後手だ。気持ちは後ろ向きだ。後出ししてもじゃんけんで勝てる気がしねえ。まいっか、後で考えよう。みたいな負の無限ループでひと月。ここいらでいい加減去年の整理をし、新しい年を生きねば。って遅!とりあえず珠玉の10冊を選んでみた。2010年12月から、最後のほうは感想書いてないんだけど2011年12月末の期間中、読んだ本からのセレクト、そしてほぼ読んだ順。


  ●おさるが選ぶベスト10冊

    こっちへお入り/平安寿子(祥伝社文庫)

    キネマの神様/原田マハ(文春文庫)

    1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター/五十嵐貴久(双葉文庫)

    心星ひとつ/髙田郁(ハルキ文庫)

    青年のための読書クラブ/桜庭一樹(新潮文庫)

    たまさか人形堂物語/津原泰水(文春文庫)

    COW HOUSE/小路幸也(ポプラ文庫)

    ビブリア古書店の事件手帖/三上延(メディアワークス文庫)

    セレモニー黒真珠/宮木あや子(メディアファクトリー文庫)

    SPEED/金城一紀(角川文庫)


2011年のベスト本は、やはり『キネマの神様』。本を読んでいて、時々嗚呼本読みで良かった...としみじみ思う一冊に出会うことがあるけれど、これは完全にそーゆう類の本だった。そしておせっかいなことに周りの人にも布教したくなる本。そういえば2010年のベスト本も映画絡みの本だったなあ。
五十嵐貴久は『For You』や『年下の男の子』など、女子の心を掴む秀作が多かった。中でも『1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター』が、妙齢女子の青春小説としてすこぶる楽しかったので。どうやら黒木瞳で映画化らしいよ。
小路幸也もイイよ~。『早坂家の三姉妹』『ブロードアレイ・ミュージアム』『空へ向かう花』など甲乙つけがたし。でも特に『COW HOUSE』は血が繋がっていない他人同士が集まってハウルの動く城っぽい”家族”になっていく感じに心揺さぶられた。大事に思える言葉が沢山あって、私にしては珍しく付箋をつけながら読んでいた。
今更ですが髙田郁のみをつくしシリーズには夢中になった。今一番楽しみにしてるシリーズかも。同好の士と飲みながらキャスティングをするのも盛り上がったなあ。
意外な拾い物(失敬)だったのが、宮木あや子の『セレモニー黒真珠』。葬儀屋小説なんだけど、男前なアラサー女・笹島がとにかくかっちょよくてシビれる。独特なユーモアのセンスも私は好きだった。
書いてるうちに気付いたが、今回選んだ10冊は『COW HOUSE』を除いて大体女性が活躍する話で吃驚。たまさか人形堂もビブリア古書店も店長は女子、ゾンビーズは健在だけど『SPEED』の主人公は女子高生だ。時代なのか?それとも私がそのような話ばかりを好むのか?そのあたりを突き詰めつつ、今年もとにかく読んでいこうと思います。

|

« 『絲的炊事記』 | トップページ | 大宮エリー「思いを伝えるということ」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年版おさる的 Best book of the year:

« 『絲的炊事記』 | トップページ | 大宮エリー「思いを伝えるということ」展 »