« 『アウトバーン』 | トップページ | 『タイニー・タイニー・ハッピー』 »

2011年9月12日 (月)

映画『探偵はBARにいる』

映画『探偵はBARにいる』を観る。案外、洋ちゃん好きなんで。私は原作があるものはだいたいそれを読んでから映画に臨むタチなんですが、これは未読。そして未読で原作に思い入れが特にないと、安心してニュートラルに映画そのものを楽しめるんだなーっつう新しい発見(今更)。というわけで先入観もなしであーだこーだ予想しながら普通に面白く観た。ざっくり言うと、すすきのの探偵(大泉洋)が謎の女からの依頼に翻弄される話。洋ちゃんの、時折みせるきめきめな顔が若干こそばゆかったりするが、だんだんかっちょよく思えてくるのは気のせい?探偵の助手・石田くん(松田龍平)が大層おいしい役。だいたいもっていく。彼がかっちょいいのはたぶん気のせいではない。小雪は基本綺麗なんだけど、鬼みたいな顔の時がある。あと、最近気になる高嶋・弟の極悪キャラへのシフト...申し訳御座いません、なんてもう絶対言わないぞこの人。とにかく洋ちゃんたちがしょっちゅうお酒を飲んでいるので、何かと飲みたくなる一本であります。って、しょーがねーなー酒飲みの締めはよう。

|

« 『アウトバーン』 | トップページ | 『タイニー・タイニー・ハッピー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『探偵はBARにいる』:

« 『アウトバーン』 | トップページ | 『タイニー・タイニー・ハッピー』 »