« 空海と密教美術展 | トップページ | 集まれ!おもしろどうぶつ展 »

2011年8月18日 (木)

『ピース』

樋口有介の『ピース』(中公文庫)を読む。どうやらこの本、書店で推してるらしい。どこに行っても平積みしてあるんだが、今まで読んだ樋口作品の中では珍しい部類な気がする。ミシマにおける『潮騒』みたいな?って例えがちょっと大袈裟か。樋口有介と言えばこの作品っていう位置付けになっちゃうのか?いや面白かったけどね。秩父の田舎町で起こった連続バラバラ殺人、一見なんの繋がりもない被害者、ちょっと変った人たちが集まるスナック「ラザロ」。意外な犯人とその動機がわかった時のカタルシス!表紙がムカつくからやや敬遠してましたが、そのムカつき込みでやられたかも。それでも私はやっぱり柚木草平シリーズが好きで、もっともっとそっちを読みたいのであった。

|

« 空海と密教美術展 | トップページ | 集まれ!おもしろどうぶつ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/52505117

この記事へのトラックバック一覧です: 『ピース』:

« 空海と密教美術展 | トップページ | 集まれ!おもしろどうぶつ展 »