« 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演 | トップページ | 空海と密教美術展 »

2011年8月17日 (水)

『苦い雨』

樋口有介の『苦い雨』(中公文庫)を読む。口が達者で女に弱い、柚木草平系のおじさんが探偵役という、著者の真骨頂的な長編ハードボイルド。タイトル通り、全篇にわたって雨が降り続いてなんとなく憂鬱な雰囲気も、猛暑中読むには丁度いいかも。”おれの人生を通りすぎた女たちに感傷を覚えるには、東京という街は少しだけ、女の数が多すぎる”みたいなセリフにしびれるものちょっといいかも。

|

« 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演 | トップページ | 空海と密教美術展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/52496430

この記事へのトラックバック一覧です: 『苦い雨』:

« 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演 | トップページ | 空海と密教美術展 »