« 『別冊図書館戦争Ⅰ』 | トップページ | 菊さまの「祈り」のこと »

2011年8月 1日 (月)

『風花』

集英社文庫のナツイチの、ハチ・スタンプがとってもほすいのだー。しかし申し訳ないがナツイチのラインナップには食指が動かない、もしくはいいと思うものはあらかた買ってしまっているのだー。つうわけで無理矢理(って失敬な)、川上弘美の『風花』(集英社文庫)を買って読む。夫が浮気をしていることを知らされた妻が、今まであんまり考えなかった自分のこととか夫婦のこととかに徐々に向き合っていく話。浮気だと?きーーーっ!とかそーゆう修羅場もなく、何か終始ぼんやりしている妻・のゆり(面白い名前)に最初戸惑う。物語が進むにつれてそれが少しずつ変っていって、最後はそんなか!と若干驚く。女は強ええ、気がする。私はダメだ。考えただけで萎える。ハチ・スタンプ目当てで買ったけど、やっぱり川上弘美は変でスゴイ。

|

« 『別冊図書館戦争Ⅰ』 | トップページ | 菊さまの「祈り」のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/52360727

この記事へのトラックバック一覧です: 『風花』:

« 『別冊図書館戦争Ⅰ』 | トップページ | 菊さまの「祈り」のこと »