« 『サービスの裏方たち』 | トップページ | 『別冊図書館戦争Ⅰ』 »

2011年7月27日 (水)

『溺れる人魚』

島田荘司の『溺れる人魚』(文春文庫)を読む。御手洗潔がちらつく異郷の都市(+ィヨコハマ)を舞台にした短編集。ひとつひとつはそんなに長くないにも関わらず、かなりディープな内容なので読み応えアリ。というかおさるにはちょっとムツカシイ話も...。特に「耳の光る児」のモンゴル帝国あたりの歴史がハードル高かった。でも島田センセのミステリは、単にミステリというだけではない世界をがんがん見せてくれるのでそこがエキサイティング。

|

« 『サービスの裏方たち』 | トップページ | 『別冊図書館戦争Ⅰ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/52318533

この記事へのトラックバック一覧です: 『溺れる人魚』:

« 『サービスの裏方たち』 | トップページ | 『別冊図書館戦争Ⅰ』 »