« 『陽だまりの彼女』 | トップページ | 『飲めば都』 »

2011年6月17日 (金)

映画『プリンセス トヨトミ』

映画『プリンセス トヨトミ』を観る。めっさ楽しみにしていた割にはクライマックスシーンまでもたずうっかり寝ちゃったし、「ん?」と思うところも多かったけど、最終的に万城目がいいんならいいやと言う結論になりました。綾瀬はるか、可愛ええな。男女逆転にもかかわらず、ミラクル鳥居のミラクル加減は綾瀬はるかで正解と思わせた。旭ゲンズブールは...どうだろう?岡田くんも可愛いからまあいいか。茶子役の女子が凛々しくて眼が強くて、何かと説得力があった。個人的にいっとう面白かったのは、大阪のおばちゃんのエレベーターシーン。こんなものまで値切るんだ...というカルチャーショックですわ。あと、ひょうたんひょうたん...のシーンはカイジのざわざわざわ...へのオマージュか?とか思ったけど、たぶん違うな。とりあえず、次回の松竹座巡業の折に行ってみたいところがたくさん出来たのが収穫でした。

|

« 『陽だまりの彼女』 | トップページ | 『飲めば都』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『プリンセス トヨトミ』:

« 『陽だまりの彼女』 | トップページ | 『飲めば都』 »