« 『かばん屋の相続』 | トップページ | 『陽だまりの彼女』 »

2011年6月12日 (日)

『夜明けの街で』

東野圭吾の『夜明けの街で』(角川文庫)を読んでしまいました。カミングアウトか。活字ジャンキー仲間のあいだでは、あんなにも売れているその理由及び魅力が判り辛い東野、『白夜行』だけは別人が書いたのではないか説が濃厚な東野、等々でおなじみの東野圭吾先生作品を久しぶりに手にとってしまったのは、不倫の話らしかったから。ふん、俺は下世話なんだよ。一応東野なんでミステリのていもありつつ、オーソドックスな不倫話部分はオーソドックス故に楽しめた。男、バカだし。んで女子がすっごくイヤ~~~~な感じだし。嫁はやっぱりうっすら怖いし。普通!でも流石にベストセラー作家、読ませるテクはありんすから、年に5冊くらいしか本を読まない人には面白い本としてインプットされるかも。褒めてます☆あと、相当時間が経ってから、このタイトルはわたくしも大好きなあの不倫ソングの出だしじゃん!と気付いた次第です。ま、嘘が下手な男は不倫すんなよ、と言うつぶやきでドロンします。

|

« 『かばん屋の相続』 | トップページ | 『陽だまりの彼女』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/51922180

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜明けの街で』:

« 『かばん屋の相続』 | トップページ | 『陽だまりの彼女』 »