« 映画『阪急電車』 | トップページ | 『キネマの神様』 »

2011年5月27日 (金)

『QED flumen 九段坂の春』

高田崇史の『QED flumen 九段坂の春』(講談社文庫)を読む。タタルさん、奈々ちゃん、くまつざき、御名形史紋それぞれの青春時代を描いた4篇。んー今ひとつ乗れず。ミシマ先生の『豊饒の海』とリンク(作者談)とは大きくでたねーといった感じです。個人的な趣味で言えば中学生のタタルさんにはめっさ興味はあるんだけど、女教師を好きなったりするなんてありがちすぎるわよっ(←気に食わないらしい)。あと、奈々ちゃんのファーストキスとかほんとどうでもいい。それはさておき、相変わらず隠された歴史の事実?的なネタは満載で、ある登場人物が呟いているように「人間は何も知らなくても、それなりに生きていけるもんだ」けれど、知ってるともっと絶対面白いに違いない。

|

« 映画『阪急電車』 | トップページ | 『キネマの神様』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/51778463

この記事へのトラックバック一覧です: 『QED flumen 九段坂の春』:

« 映画『阪急電車』 | トップページ | 『キネマの神様』 »