« 「みをつくし」一気読み | トップページ | 映画『SP 革命篇』 »

2011年3月27日 (日)

『埋み火』

ハイパーレスキュー隊、かっちょいいね!つうわけで暫く放置してあった日明恩の消防士シリーズ第二弾『埋み火 Fire's Out』(双葉文庫)を読む。老人世帯で火事と不幸な焼死が続き、若干の不審な匂いを感じて独自に調査を始めたヤング消防士・雄大が突き止めた真実とは...みたいな、一応ミステリのていですが、お仕事小説もしくは青春ものとも言えましょう。消防士の仕事全般がよおくわかって興味深い。個人的にはレスキューサイボーグ・仁藤様が大好物なんだが、今回あんまり出番なしでちょっと残念。あと単純そうに見えて案外屈折してたりするめんどくさい雄大くんの葛藤や逡巡がトゥーマッチなのか、全体的に長い!気がする。でもこのシリーズ好きなんで、もっと書いてもらいたいなあ。仁藤様メインでもいいぜ。

|

« 「みをつくし」一気読み | トップページ | 映画『SP 革命篇』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/51228437

この記事へのトラックバック一覧です: 『埋み火』:

« 「みをつくし」一気読み | トップページ | 映画『SP 革命篇』 »