« 『ささやかな永遠のはじまり』 | トップページ | 『八朔の雪』 »

2011年2月12日 (土)

『走れ!T校バスケット部』

松崎洋の『走れ!T校バスケット部』(幻冬舎文庫)を読む。バスケットはお好きですか?と春子ちゃんに聞かれるまでもなくバスケットは好きだし気になってはいたんだけど、やっつけ仕事のような装丁からしてなんとなく今まで読む気がしなかった。がっ、最近異動してきた活字ジャンキー次長が結構面白かったと言ってたので、次の飲み会で「あの本読みましたよー」と言いたいが為に購入。よこしまだが、幻冬舎は次長に感謝するように。ストーリーはマンガみたいで、弱小バスケットボール部に強豪校から転校してきた陽一くんが入って、仲間とともに強くなっていくみたいながんばれベアーズ的な話。セオリー通りですが、正直うるっとしてしまいました。おばちゃん最近涙もろくて。T校バスケット部の面々が屈託がなさすぎるというかちょっといい子過ぎるのがつまんないかな。深さがないのかな。でも次長に、二巻も読まなくちゃ駄目と言われたので、早速続編も買ったバカさるです。好きな男子の言うことは聞くのよ☆

|

« 『ささやかな永遠のはじまり』 | トップページ | 『八朔の雪』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/50851459

この記事へのトラックバック一覧です: 『走れ!T校バスケット部』:

« 『ささやかな永遠のはじまり』 | トップページ | 『八朔の雪』 »