« 『なぜ絵版師に頼まなかったのか』 | トップページ | 『クローバー』 »

2011年2月 1日 (火)

『純愛小説』

篠田節子の『純愛小説』(角川文庫)を読む。タイトルは皮肉か?的な、恋愛四篇。つうか恋愛は時にホラーの様相を呈するものかも...なんて思ってしまったのは、読む側のコンディションのせいでしょうか。恋っていいな♪というよりも、如何ともしがたい深みを覗いてしまった怖さや取り返しのつかなさ加減に打ち震える感じ。うげげ。

|

« 『なぜ絵版師に頼まなかったのか』 | トップページ | 『クローバー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/50751805

この記事へのトラックバック一覧です: 『純愛小説』:

« 『なぜ絵版師に頼まなかったのか』 | トップページ | 『クローバー』 »