« 『純愛小説』 | トップページ | 『銀の糸』 »

2011年2月 4日 (金)

『クローバー』

”今月は、すべての女子を応援します!”っつう角川文庫の「愛の一冊フェア」にまんまと踊らされているおさるでごわす。本日も『純愛小説』に引き続き、フェアの中から島本理生の『クローバー』(角川文庫)を読む。わがままで口が悪いけど外ヅラは良くて女子力全開の華子(姉)と、心優しいっつうかやや優柔不断な理系男子の冬治(弟)、この双子の大学生を中心としたかわゆらしい青春小説。良い意味でマンガみたいにするっと入れて読みやすい。冬治と同じクラスの不器用な才女・雪村さんのキャラがイイ!共感できる(不器用部分のみ)。今まで自分のことを一度も好きだと思ったことがないと言う彼女が、恋をした相手に「(あなたを)好きになる前の自分よりも、今の自分のほうが好き。会えるだけで、毎日、嬉しい。」と不器用ながらもちゃんと告げるとこなんて涙したわ...。恋っていいっすね☆

|

« 『純愛小説』 | トップページ | 『銀の糸』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/50770417

この記事へのトラックバック一覧です: 『クローバー』:

« 『純愛小説』 | トップページ | 『銀の糸』 »