« 『判決の誤差』 | トップページ | マイ ブルーヘブン コンサートNo.2 »

2011年2月24日 (木)

『シンメトリー』

社会復帰。会社で仕事をしている方が気がまぎれて良い。こんな俺でも必要としてくれている...的な思い込みにすがって生き長らえる。ってなんだよそのダウナー系?
かような駄目人間には若干眩しい、誉田哲也の『シンメトリー』(光文社文庫)を読む。女刑事・姫川玲子もの短編集。結構グロい印象の長編とは違った趣きで、とっつきやすく楽しめるのにぴりっとしていて小気味良い。手柄をたてたいとか出世したいとかのわかりやすいがつがつ感には普通引いてしまうものだが、姫の場合はむのすごく好感を持てるんだよな。かっちょいいな。つうわけで明日から俺も出世を念頭にがつがつしてみよう(嘘)。

|

« 『判決の誤差』 | トップページ | マイ ブルーヘブン コンサートNo.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/50954499

この記事へのトラックバック一覧です: 『シンメトリー』:

« 『判決の誤差』 | トップページ | マイ ブルーヘブン コンサートNo.2 »