« 『道具屋殺人事件』 | トップページ | 初春歌舞伎公演「四天王御江戸鏑」 »

2011年1月30日 (日)

『虚栄の肖像』

北森鴻の『虚栄の肖像』(文春文庫)を読む。花師と絵画修復師という二つの顔を持つ男・佐月恭壱シリーズ二作目。前作の『深淵のガランス』を読んだ時、イイ男ではあるがあまりにも可愛げのない感じがちょっと...と思ったんだけど、本作ではその謎に包まれた過去やなんかがちらちらと垣間見られたりして俄然面白くなってきた!修復の報酬で預けられた古備前、藤田嗣治の修復と昔の恋人との再会、緊縛画と謎の絵師。どれも一筋縄ではいかない濃厚な話になっております。海千山千のつわものどもの裏の裏の裏をかいた化かし合い、如何ともしがたい複雑な人間関係の糸に絡め取られそうになりながらも、己を貫く佐月の姿勢が”可愛げのない感じ”で片付けられず。浅はかなおさるを許してたも。彼のこともっと知りたいわ☆なんて思っても、もうこの先は読めないんですね....今更ながら、北森鴻の早すぎる死が残念でならない。

|

« 『道具屋殺人事件』 | トップページ | 初春歌舞伎公演「四天王御江戸鏑」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/50727326

この記事へのトラックバック一覧です: 『虚栄の肖像』:

« 『道具屋殺人事件』 | トップページ | 初春歌舞伎公演「四天王御江戸鏑」 »