« 映画『ノルウェイの森』 | トップページ | 『十二夜』@シアターコクーン »

2011年1月 9日 (日)

2010年版おさる的 Best book of the year

謹賀新年。...ってもう9日だよー。一体何日冬眠してたんだ?的な年始めであります。今年もだるだるな予感が...。いや、巻き返す!これから巻き返す!まだ間に合う、かも、しんまい(弱気)
つうわけで今更ですが、2010年版おさる的 Best book of the yearです。今回から別ウィンドウでなく、こちらでちゃっちゃと済ませることにした。ィヨロシクお願い致します。

        *  *  *  *  *

こんにちは、小雪です。ハイボールの美味しい一年でした。すみません小雪というのは詐称です。でも飲んでばかりいたのは相変わらず。休肝日という言葉は俺様の辞書からなくなったね。昨年から常勤で働き始めたこともあり、って言うのは言い訳だけど、更に飲んでしまいなんだかんだ色々あって、ふと気付くと近年稀に見る読書量の少なさだった。情けなし。しかし致し方なし。数少ない既読本の中から珠玉の10冊を今年も選んでみた。いつも通り、2009年12月から2010年11月末の期間中読んだ本からのセレクト、そしてほぼ読んだ順。今年はまっとうに暮らしたい(←書いてみただけ)。


  ●おさるが選ぶベスト10冊

    インスタント沼/三木聡(角川書店)

    名残り火/藤原伊織(文春文庫)

    クジラの彼/有川浩(角川文庫)

    映画篇/金城一紀(集英社文庫)

    写楽 閉じた国の幻/島田荘司(新潮社)

    ちょっと変わった守護天使/山崎マキコ(文春文庫)

    D列車でいこう/阿川大樹(徳間文庫)

    うぬぼれ刑事/宮藤官九郎(角川書店)

    ミーツへの道/江弘毅(本の雑誌社)

    うたうひと/小路幸也(祥伝社文庫)

 
  ●各種特別賞

    *号泣 of the Year : ピース オブ ケイク/ジョージ朝倉

    *男前女子 of the Year : エコノマという店をつくるまであたしの舌が覚えてきたこと。/中西麻衣子

    *センセ of the Year : 内田樹

    *ありがとう of the Year : 北森鴻 & ロバート・B・パーカー

今年のベストは何といっても『映画篇』。これはもう絶対!鋭意布教したー。周りで何人無理矢理読まされたことか。すみません。でもイイんです鉄板です。初めの話でうーん?と思っても次の話も必ず読んで!お願い。辛い話があっても、最後の話で救われるから。つうかほんとにええ話だから~。読んだ後、好きな映画について語りたくなるよ。そんな一冊。
三木聡の映画は、ジリ鈍の時に観るとぐっとくる。この正月も『亀は意外と速く泳ぐ』を再び観返して、むのすごく哲学的な気分になった。映画の原作『インスタント沼』もむちゃくちゃなのにじーんとする。俺だけかもしれんが。
『名残り火』は確かイオリン最後の長編。やせ我慢にならない男の美学。
自衛隊好き(←ちょっと隠したい)としてはド直球だった『クジラの彼』。『阪急電車』『シアター!』も良かったけど、京都よりも小劇場よりも自衛隊が好きだった俺、ってことか?
クドカン健在!を知らしめたうぬぼれ氏のシナリオ本は、噛み締めるほどに面白い。たぶん一番笑った本かも。嗚呼うぬぼれ氏のテーマが止まらない....

特別賞もちょっと少なめ(何しろあんまり本読んでないんす)。
『ピースオブケイク』はマンガだが、昨年いっとう泣いた。なんかシンクロして感極まった。恋する女子ってめんどくさい。バカバカ。
こんな料理本?読んだことねえ、みたいな本の著者・エコノマのマイちゃんはかなり強烈だった。未だエコノマは行かれてない。
単純な私は内田樹センセの本にいちいち目から鱗。しばらくはセンセの本で思いっきり啓蒙されたいわ☆
昨年残念だったのが、北森鴻とロバート・B・パーカーの訃報だ。いつまでも大好きな作家だ。ずっとずっと大事に読んでいきたい。


つうわけで長くなりましたが、昨年のまとめはこんな感じ。
今年もよろしくお願い致します。

|

« 映画『ノルウェイの森』 | トップページ | 『十二夜』@シアターコクーン »

コメント

noppyさん、こんにちは。お久しぶりのコマメです。やっと出ましたか~!待っていました。
読む本にものすごおく偏りのあるコマメとしては、無理やり(笑)薦めてくれる本が嬉しくて!いつもおおっと目から鱗ざんす。
ベスト本からさっそく読んでみまーす!

映画編は本当に良かったです。ありがとう。

投稿: コマメ | 2011年1月 9日 (日) 15時07分

初コメのたむちんです。
小雪さん、もとい「おさる文庫」のベスト10冊!参考にさせていただいて、
今年は読書を楽しもうかと☆
まずはコマメさんもお勧めの「映画編」からスタートしようかな。
では、今年もブログ楽しみにしてますよ~

投稿: たむちん | 2011年1月 9日 (日) 21時30分

ハローコマメちゃん
いつも無理矢理すみません。
ユーは一番の被害者だったかも...
そういえば『名残り火』を読んで
ミュスカデ飲みに連れて行ってもらったし、
エコノマはコマメちゃんの本だったね。
色々アリガトウ。
今後ともよろしくね☆

投稿: noppy | 2011年1月10日 (月) 08時11分

ハローたむちん
初コメントありがとう!嬉しいッス☆
たむちんにも昨年は無理矢理貸し付けたかも...
俺、読書に関してはどSなの??
今年は私も数理人試験が受けられないくらい、
もっと頑張って本を読みたいと思います!
そして眼鏡次長に更なる接近を...(よこしま)

つうわけで今年もィヨロシク!

投稿: noppy | 2011年1月10日 (月) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年版おさる的 Best book of the year:

« 映画『ノルウェイの森』 | トップページ | 『十二夜』@シアターコクーン »