« 『木暮荘物語』 | トップページ | 映画『ゲゲゲの女房』 »

2010年11月23日 (火)

『とせい』

今野敏の『とせい』(中公文庫)を読む。これを原作にしたマンガの紹介をどっかで目にして、元を読んでみたくなったもの。文化人と呼ばれることが夢の組長の道楽で、倒産寸前の出版社を引き受けることになったやくざの話。この阿岐本組っていうのが任侠道をわきまえた義理人情あふれるやくざで、プリズンホテル系のちょっと胸熱くなる極道小説に仕上がっております。傾きかけた出版社・梅之木書房の編集者たちも若干癖があるけど気骨溢れる面々で、極道に負けてないのが面白い!一気に読めましたことよ。

|

« 『木暮荘物語』 | トップページ | 映画『ゲゲゲの女房』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/50110357

この記事へのトラックバック一覧です: 『とせい』:

« 『木暮荘物語』 | トップページ | 映画『ゲゲゲの女房』 »