« 『妖の華』 | トップページ | MINT CONDITION TOUR FINAL ! »

2010年11月29日 (月)

『国境事変』

二日続けて誉田哲也、『国境事変』(中公文庫)を読む。新宿で在日朝鮮人が殺害された事件を発端に、公安VS刑事の因縁の対立などが激しくありつつ、事態は国家の危機にかかわる大変なことに...つうちょっと不謹慎ながらタイムリーな話。『ジウ』シリーズの、男の悲哀を背中に秘めたシブいおっさん・東警部補も登場するのが嬉しいかな。でも興味は公安にもってかれた感じ。謎だからこそ何でもありな公安が今更ながら気になります。

|

« 『妖の華』 | トップページ | MINT CONDITION TOUR FINAL ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/50159881

この記事へのトラックバック一覧です: 『国境事変』:

« 『妖の華』 | トップページ | MINT CONDITION TOUR FINAL ! »