« 『がらくた』 | トップページ | 『探偵ザンティピーの休暇』 »

2010年10月17日 (日)

『ばかもの』

絲山秋子の『ばかもの』(新潮文庫)を読む。俺こそがばかものだな、とか独り言。駄目な感じの大学生・ヒデが、勝気で自由奔放な年上の額子に振り回されて捨てられてアルコール依存症になり、まあ色々あってそれからどうするよ?みたいな話。傑作恋愛長編と書いてあったが、これは恋愛なのかー。わたくしにとってはアルコール依存症の部分が辛くて痛くてそこだけがどよーんと残った。気をつけよう。ううむ、純文学を読んでそんな感想しか抱けない、というかそんな感想しか言葉に出来ない自分が情けない。もっと本を読んで、たくさん感じて考えて言葉にしたい秋です。

|

« 『がらくた』 | トップページ | 『探偵ザンティピーの休暇』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/49766102

この記事へのトラックバック一覧です: 『ばかもの』:

« 『がらくた』 | トップページ | 『探偵ザンティピーの休暇』 »