« 錦秋十月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 『プリズム』 »

2010年10月26日 (火)

『UFO大通り』

会社休んでまったり。一日休むともう会社行かなくてもいっか、って気になるなあ。人間失格かなあ。おさるだけど。
さて久しぶりに読書。島田荘司の『UFO大通り』(講談社文庫)を読む。鎌倉極楽寺に現れたUFO、宇宙人の戦争、謎の変死体。それらの奇妙奇天烈な話が、名探偵・御手洗潔の手によって鮮やかにきっちり説明がつく時の気持ちよさが御手洗ものの肝です。馬車道時代の御手洗と石岡くんはやっぱりイイ。そこそこ有名なんだけど暇な感じとか、横暴な刑事に怒鳴られてひょうひょうとしているところとか、今となってはなんだか懐かしいな。

|

« 錦秋十月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 『プリズム』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/49847682

この記事へのトラックバック一覧です: 『UFO大通り』:

« 錦秋十月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 『プリズム』 »