« 『森崎書店の日々』 | トップページ | ROUROU@上大岡 »

2010年9月20日 (月)

『河童伝説』

三連休だ。うぬぼれも熱海も終わってしまって、何か脱力ー。熱海は観てると必ず睡魔におそわれて正直辛かったのだが、最終回で一瞬だけ声を荒げるオダジョーを見て、ここここの瞬間の為だけに俺は熱海を!ってくらい萌えたのが我ながらわからなかったぜ。とりあえず有難う三木聡。
そんな按配でだらだらと過ごしている三連休。高田崇史の『QED 河童伝説』(講談社文庫)を読む。ついに河童キタ~!アタマのお皿とかしりこだまとかきゅうりとか相撲好きとか、河童絡みの謎がタタルさんによってがんがん解かれていくと、またもやそのまんま信じてすっかり感心してしまうのであった。例によって悲しい話なんですけどねえ。

|

« 『森崎書店の日々』 | トップページ | ROUROU@上大岡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/49501393

この記事へのトラックバック一覧です: 『河童伝説』:

« 『森崎書店の日々』 | トップページ | ROUROU@上大岡 »