« 高島野十郎と同時代作家展 | トップページ | 『森崎書店の日々』 »

2010年9月15日 (水)

『原宿団地物語』

ヒキタクニオの『原宿団地物語』(徳間文庫)を読む。じじい好きの活字ジャンキー友に、お客さんイイじじい入ってますよ...と耳元で囁かれて買ったもの。確かに小曽根さんは絶品じじいだ!下町生まれ&アメリカで青年期を過ごしたという、江戸っ子気質とハイカラがほどよくミックスされて、小林信彦の小説に出てくる感じのナイスなじいちゃん。小曽根さんの存在がこの団地のスパイスになっております。ちょっと泣けたりぞっとしたり、恋も不思議な話もあってなかなか面白いっす。解説は岡本健一...なんで??(好きだけど)

|

« 高島野十郎と同時代作家展 | トップページ | 『森崎書店の日々』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/49450571

この記事へのトラックバック一覧です: 『原宿団地物語』:

« 高島野十郎と同時代作家展 | トップページ | 『森崎書店の日々』 »