« 『D列車でいこう』 | トップページ | ブルーノ・ムナーリ展 »

2010年8月11日 (水)

映画『ちょんまげぷりん』

久しぶりの邦非映非連活動(ソロ)。会社を定時フライング気味に出て映画館へ走り、映画『ちょんまげぷりん』を見る。なんとなれば、錦戸亮が主演なんす。案外好きな顔なんす!もしかしてほんとにDV男?みたいな危うさとかも何か気になる。突然タイムスリップしてきた江戸時代の侍が現代でパティシエに...みたいな話。さすがの中村義洋監督、原作の肝をきっちり残す伊坂ものの映画化においても私はとっても信じているのですが、本作も期待を裏切らなかったよー。終始漂うユーモラスな雰囲気が良くてくすくす笑ってられたし、原作よりも若干甘い味付けも私は好きだった。ともさかりえの母親役は意外にも磐石。ちゃんとお母さんで、更に女子としての可愛いさもしっかりある。なんといっても田中くん役のキングオブコメディの人が素晴らし。ファンなんですけどみたいな感じでやってます的な~の人ね。まさに田中くんだ!そして大スクリーンで見る錦戸亮がまた相当イイ。侍でもパティシエでも、そのたたずまいがイイ。堪能したでござるよ!ご馳走様。

|

« 『D列車でいこう』 | トップページ | ブルーノ・ムナーリ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/49125365

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ちょんまげぷりん』:

« 『D列車でいこう』 | トップページ | ブルーノ・ムナーリ展 »