« 紫陽花、紫陽花、紫陽花 | トップページ | ヒュー様祭 »

2010年7月23日 (金)

『映画篇』

金城一紀の『映画篇』(集英社文庫)を読む。この夏、集英社のナツイチのハチストラップが欲しい人は絶対この本を買ったらいいよ!ハチの件は置いといても、とにかく読んだらいいと思うよ!『対話篇』にもヤラれたけれど、『映画篇』は更に激しく揺さ振られた。映画のタイトルがついた5つの物語は、それぞれ友情・恋愛・家族愛などをテーマに全く違った装いを見せながらも、何気なくリンクしている故に全体としてまとまっている印象も受ける。映画によって出会って結びつきを強くして、お互い何かしら抱えながらも懸命に前に進もうとする人たち。一緒に映画を観た後、なんとなく離れがたくてずっと話をしながらひたすら歩くみたいな場面がすごく良いな。時々どうしようもなく感極まって、電車の中で読んでると困りました。状況がなかなかにハードだったりする話もあるが、最後の「愛の泉」に救われます。これほんとに好き。ええ話よ。オチも最高。周りの人たちに、好きな映画は何か聞いてみたくなったことだ。

|

« 紫陽花、紫陽花、紫陽花 | トップページ | ヒュー様祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/48950701

この記事へのトラックバック一覧です: 『映画篇』:

« 紫陽花、紫陽花、紫陽花 | トップページ | ヒュー様祭 »