« 『三四郎はそれから門を出た』 | トップページ | ミュスカデを飲みに »

2010年7月11日 (日)

『あられもない祈り』

島本理生の『あられもない祈り』(河出書房新社)を読む。このタイトルがずっと気になっていてハードカバーなのに購入。島本理生はずいぶん若い人だが、文章が難しくて時々意味がよくわからかった(←バカ)。この難解さが純文学ってものなのでしょうか。小さい頃のトラウマやら育った環境のせいやらで自分を大事に出来ない、終始怯えている割には投げやりな感のある女子が、倍ほどの年の男性に熱心に口説かれる(って言葉が悪いな)うちに心が動かされて...みたいな話。もてあますほどの恋心とか、どうにもならないから暴れてしまう感じとかには所々激しく共感するも、読んでて何か疲れたなー。こーゆう女子は苦手だ。相手の男もちょっと駄目かも。

|

« 『三四郎はそれから門を出た』 | トップページ | ミュスカデを飲みに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/48847023

この記事へのトラックバック一覧です: 『あられもない祈り』:

« 『三四郎はそれから門を出た』 | トップページ | ミュスカデを飲みに »