« ミュスカデを飲みに | トップページ | 『スワンソング』 »

2010年7月12日 (月)

『やってられない月曜日』

柴田よしきの『やってられない月曜日』(新潮文庫)を読む。ざっくり言ってしまえば、働いてるといろんなことあるよねー的なOL小説。主人公は大手出版社の経理部勤務28歳女子。器量いまいち・彼氏なし・趣味模型作りという設定が派手さに欠けるも、実際のOLの大半はたぶんこんなものなのでは。会社は生活費を稼ぐ為の場所と割り切って働くというのも日々を乗り切る方法だとは思うけれど(そしてそんな風にやり過ごす時も実はあるけれど)、やっぱり多少なりとも”縁”あって同じところで働いている人たちには、その”縁”を大事にしつつ接したいものですな。と読後思いましたが、出勤するとすっかり忘れてぶーぶー言うに違いない俺様である。

|

« ミュスカデを飲みに | トップページ | 『スワンソング』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/48856379

この記事へのトラックバック一覧です: 『やってられない月曜日』:

« ミュスカデを飲みに | トップページ | 『スワンソング』 »