« 『月曜の朝、ぼくたちは』 | トップページ | 『走ることについて語るときに僕の語ること』 »

2010年6月22日 (火)

『ホワイトクロウ』

加藤実秋の『ホワイトクロウ』(創元推理文庫)を読む。ドラマ化もされたクラブ・インディゴのホスト探偵団シリーズ第三弾。今回は店舗改装中でクラブ内でのシーンはほとんどない代わりに、ホストたちがプライベートで諸々事件に巻き込まれる感じ。案外地域密着なホストたちの素顔が垣間見られ、いつもとは毛色の違った展開を楽しめた。アラフォー女子のオーナー・高原晶役をドラマで森口瑤子が演じた為か、私の中で晶が若干グレードアップしている。元ヤンぽいのにー。いつの間にか楽しみなシリーズになっていることよのう。

|

« 『月曜の朝、ぼくたちは』 | トップページ | 『走ることについて語るときに僕の語ること』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/48690295

この記事へのトラックバック一覧です: 『ホワイトクロウ』:

« 『月曜の朝、ぼくたちは』 | トップページ | 『走ることについて語るときに僕の語ること』 »