« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月23日 (日)

『エコノマという店をつくるまであたしの舌が覚えてきたこと。』

ご無沙汰!少しずつ精神状態も持ち直してきたことだし、ブログ復帰だぜ。と思っているそばからPCが壊れる。わたくしと連動してるの?くらいのぶっ壊れ具合で、どうにもならん故連れ合いのPCを借りて更新中。ふん、負けるもんか。負けそうだけど。
つうわけでだいぶ前に読んだ、中西麻衣子著『エコノマという店をつくるまであたしの舌が覚えてきたこと。』(リトルモア)について。女子道の先輩(すんごい年下だけど)の友人に熱烈お薦め頂き借りた本。本牧でビストロをやっているマイちゃんは、なんとCKBのジャッカル君の嫁!それだけでもリスペクトなのだが、彼女の半生がひたすら衝撃!ワイルドでピュアでむちゃくちゃで正直ででもナイーブで、何かもういろいろ濃くてスゴイ...(後半の対談はほぼエロ話)。美味しそうなものもたくさん出てくるし、常にお酒飲んでいるし、料理本としても充分読み応えがあるんだけど、ややもすると彼女自身のエピソードにどっぷりヤラれてしまう。そしてうっかり感情移入しすぎてちょっと泣く。あーこんな人が作る料理を食べてみたいな。絶対食べたいぞ。この本を貸してくれた友人とともに、いつか「エコノマ」に行ってみたいものだねと話す今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

浜っ子、京町家に感激す

Machiya週末、家族アンドいとこと京都へ。今回は弟プロデュースの旅行で、京町家に泊まるのが主な目的。築130年の貫禄と、年月を重ねたもののみがたどり着けるであろう独特の美しさに終始うっとり。そして外から見た感じからはわかんないほどの広さに感激!人生ほぼ団地暮らしの貧乏一家一同は大はしゃぎでやんす。弟の京都在住の友人が手料理を振舞ってくださり、大治郎つう旨い酒を飲み、束の間の憧れ町家ステイを満喫。翌日はもう夏か!?って空の下、京都地ビールフェスタ。気持ちよくひたすら地ビールを飲む。嗚呼京都でも飲み続けだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ジョン・ルーリー ドローイング展

あー気付いたらGWもすっかり終わってるね。なんすかねーこの脱力ぶり。なんもやる気しねえ...これが五月病?って新入社員か。もう何年働いてるんだ。そろそろ浮上せねば。たまにはがんばれ、俺。
つうわけで後手後手にまわっておりますが、連休中にワタリウムで開催中の「ジョン・ルーリー ドローイング展」に行ってきた。オリーブ少女だった頃、ジム・ジャームッシュの映画は必須科目で、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』も『ダウン・バイ・ロー』も正直全然わかんなかったけど、何かスタイリッシュ!とか言っちゃって格好ばっかり真似したりしてた。わからんなりにも、それらの映画に出演していたジョン・ルーリーの存在感に圧倒されたものだった。サックス奏者なんすね...そんなこともよく知らなかった。そして絵も描くんすね。何かで彼の絵を見て、一瞬でトリコになった。絶対に実物が見たいと思って今回赴いた。詩みたいな歌みたいなタイトル、眼を引く美しい色彩に、よくみると不吉な線であったり、ちょっとかわゆらしかったり。時々うっと胸が詰まる。空気の薄さに気が遠くなりそうに。それは建物の問題か?すっかりあたってしまった感じ。
その帰り、久しぶりに大学時代からの友と飲む。彼女はジョン・ルーリーの描くトリにやや似ている(だから彼女を誘って見に行った)。勿論褒め言葉。You Are Here、が一番好きだったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »