« 『勘三郎、荒ぶる』 | トップページ | 『警官の血』 »

2010年3月 7日 (日)

『ハイドラ』

金原ひとみの『ハイドラ』(新潮文庫)を読む。有名カメラマンと密かに同棲している、彼の専属モデル・早希という病み気味な女子のめんどくさい恋愛小説って言うんですかね。”出会った瞬間から少しずつ、確実に、発狂してきた”っつう帯の文句に引かれて読んでみた。登場人物が華やかな世界の人たちばっかりで感情移入し辛いかと思いきやそうでもなくて、狂わざるを得ないどうにもならなさ加減には納得してしまった。でもまあそこまでひどくもないので、読みながら若干気持ち悪くなって引いた自分にほっとした。何だその感想は。もっと若くして読んだら引きずられていたかもなあ。にしてもこの人、芥川賞作家なんすよねー。芥川賞ってなんすかねー、とはたまに思う。

|

« 『勘三郎、荒ぶる』 | トップページ | 『警官の血』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/47750522

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハイドラ』:

« 『勘三郎、荒ぶる』 | トップページ | 『警官の血』 »