« 『ハイドラ』 | トップページ | 再び!「上海バンスキング」 »

2010年3月 8日 (月)

『警官の血』

どこもいかない冬休み、じっくり腰を据えて長編をと思い、佐々木譲の『警官の血』(上下巻・新潮文庫)を読む。戦後から現代まで、安城清二、民雄、和也という三世代の警官親子を中心に描かれた警察小説の大作である。それぞれの時代背景の中での警察というものの姿がまず興味深かったし、ひとことで警官と言っても当たり前だが実にさまざまな種類の仕事があって、各方面とのデリケートな力関係や駆け引きなんかも面白かった。初代安城警官がこだわっていた殺人事件と彼自身の死という一本通った謎がある上に、起伏に富んだストーリー展開で、この長さなのに飽きることなし。うーんドラマ化されたのも観たかったなあ。

|

« 『ハイドラ』 | トップページ | 再び!「上海バンスキング」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/47761898

この記事へのトラックバック一覧です: 『警官の血』:

« 『ハイドラ』 | トップページ | 再び!「上海バンスキング」 »