« 「染模様恩愛御書」 | トップページ | 御名残三月大歌舞伎・第二部 »

2010年3月22日 (月)

『GOSICK』

桜庭一樹の『GOSICK -ゴシック-』(角川書店)を読む。舞台は前世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴュール。貴族の子弟が集まる名門・聖マルグリット学園の図書館塔に軟禁される謎の美少女・ヴィクトリカ。日本からの留学生・久城一弥は、人形のような容姿に加えて頭脳明晰な彼女に振り回される毎日だが、ある日二人は招待された豪華客船で奇妙な殺人事件に巻き込まれて...みたいな話。深夜にやっているアニメっぽい設定と美形キャラが馴染める向きには入りやすいと思うも、舐めてかかると案外ダークな展開&結末に蹴られます。ゴシック趣味な雰囲気が好きな人にも良いかも。

|

« 「染模様恩愛御書」 | トップページ | 御名残三月大歌舞伎・第二部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/47873690

この記事へのトラックバック一覧です: 『GOSICK』:

« 「染模様恩愛御書」 | トップページ | 御名残三月大歌舞伎・第二部 »