« 『晩夏に捧ぐ』 | トップページ | 没後400年特別展「長谷川等伯」 »

2010年2月27日 (土)

復活!「上海バンスキング」

シアターコクーンで「上海バンスキング」を観る。
...という一行を書いていることがまだ夢のよう!万感の想いで胸がいっぱいに。94年のラスト公演から16年、まさかの復活にオープニングからむせび泣くカッパとおさる。わしらはこの芝居を、91年の上演から20回は観ただろうか。もう二度と観られるなんて思ってなかった大好きな芝居が、今そこでかかっている不思議。嗚呼長生きってするもんだなあ(大袈裟)。
わしら的初日の昨日は、コクーンシートからの観劇。これまた色々懐かしい。上から眺めていても、役者陣が確かに年を取っていることは否めない。頭髪が薄くなったり、おなかが出気味だったり、逆にお痩せになっていたり、歌詞や台詞が出てこなかったり...。でも16年の年を重ねた役者さんたちによるバンスキングは、やっぱりそれだけ味わい深いものとなっていたと思う。新婚まどかさんの初々しさはもう辛いかと思った吉田日出子さんは、やっぱり未だかわゆらしい。最初からおじさんの(失敬)バクマツ(笹野高史)と、最初からあんな感じの演技だったシロー(串田和美)はあんまり変わってない気がしたけど、弘田のコヒさんなんて元々うまいのに更に更にうまくなっている!白井中尉の大森さんもむのすごく素敵になってるかも!そして相変わらずサックスのけぞり吹きでわしらのハートを鷲掴んでくれた小西さん♪かっちょいいままでいてくれてアリガトウ☆
何もかも同じってわけにはいかないし、そんな必要もないけれど、やっぱり復活してくれて嬉しかった。いい夢をみさせてもらったようです。

Yoru_tower


コーフン冷めやらぬまま、カッパと二人で東京プリンスのザ・タワーに泊まる。でかすぎる東京タワーを眺めながら&飲みながら、上海バンスキングや自由劇場の思い出を語り合う。

|

« 『晩夏に捧ぐ』 | トップページ | 没後400年特別展「長谷川等伯」 »

コメント

ハロー相方
言葉を超えた熱い思いで、客席をサーモグラフィでみたら、あたしたちのとこ赤くなってたと思うわ。
まだまだ何があるかわからないわよ。長生きしましょうね。

投稿: マイチィ☆ | 2010年3月 4日 (木) 23時35分

ハローマイチィ☆
わしら、”ホットな彼女”状態だったろうね。
しかもド頭から泣きじゃくるって。ヤバイね。
でも長生きしたらもっと色々あるのかな。
頑張ろうね!
肋骨折ってる場合じゃないね(折ってはないが)

投稿: noppy | 2010年3月 4日 (木) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復活!「上海バンスキング」:

« 『晩夏に捧ぐ』 | トップページ | 没後400年特別展「長谷川等伯」 »