« 『太陽のパスタ、豆のスープ』 | トップページ | 『女修行』 »

2010年2月 1日 (月)

『ガラスの仮面(24)』

久しぶりの新刊!美内すずえの『ガラスの仮面(24)』(白泉社文庫)を読む。何が驚いたって、ガラスの仮面の世界に携帯電話が登場したことデスよ...真澄様をはじめとして、見た目かなり昭和な匂いがするいでたちのままなのに携帯電話。味わい深いっす!しかし真澄様はやっぱり素敵☆冷たいことを言っちゃあ突き放し、かと思うと絶妙なタイミングで励ましっぽいことを言い。”紫のバラの人”は女子の夢かも。

|

« 『太陽のパスタ、豆のスープ』 | トップページ | 『女修行』 »

コメント

のし~ん♪ お久しぶり! お元気?
ガラスの仮面24ってことは文庫だね。私は昨年、Amazonで資料を物色中に43.44巻が出ていることを知り、慌てて購入しました。早く次が読みたい。その昔、マヤみたいになりたくて劇団に入ったこともあったわ。そのせいか、今もやたら芝居じみた人生を送っている気がする・・・毎日が事件簿だよ。静かに生きていたい。ひろみ

投稿: HIROMIX | 2010年2月 4日 (木) 20時41分

ハローHIROMIXさん
うひゃーお久しぶり!うれしい!元気です!
そう、私は文庫で揃えているので
文庫になるのをじっと待ってたんだよ。
ひろみったらガラスの仮面好きだったのね。
知らなかったわー(マンガとか読まなさそう)
しかも劇団!?ちょっとその話、今度聞きたいわー
そして現在の”芝居じみた人生”についても...うふうふ。
毎日が事件簿だなんて、金田一くんか。
いいなあ。楽しそう。
忙しいと思うけど、またたまには飲みましょう☆

投稿: noppy | 2010年2月 5日 (金) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/47454367

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガラスの仮面(24)』:

« 『太陽のパスタ、豆のスープ』 | トップページ | 『女修行』 »