« 映画『かいじゅうたちのいるところ』 | トップページ | ありがとう、さようなら »

2010年1月25日 (月)

『モノレールねこ』

加納朋子の『モノレールねこ』(文春文庫)を読む。加納朋子は結構好きなんだが、やや甘すぎやしないか的なテイストがやさぐれ女(わたくしね)にはケッと思えてしまうこともあり、本書のこのタイトルこの表紙からしてたぶんケッと思っちゃう系に違いないと踏んでいた。加えて帯の吉田伸子曰く「ザリガニの話で泣くなんて思いもしなかった」っつう大げさとも言える一言に、ザリガニー?泣くかよ!と一蹴して正面から挑んだやさぐれ女である。そしてこの手の前フリではお約束であろうが、案の定ザリガニにこてんぱにやられてしまったっつう結果だ。ザリガニにもねこにもやられたよ。大切ななにかを失くした時に静かにそっと効いてくるような、加納朋子はこの甘さと言いますか優しさがイイのね、と素直に思える一冊。

|

« 映画『かいじゅうたちのいるところ』 | トップページ | ありがとう、さようなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/47385586

この記事へのトラックバック一覧です: 『モノレールねこ』:

« 映画『かいじゅうたちのいるところ』 | トップページ | ありがとう、さようなら »