« 映画『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE3』 | トップページ | 『ガラスの仮面(24)』 »

2010年1月31日 (日)

『太陽のパスタ、豆のスープ』

宮下奈都の『太陽のパスタ、豆のスープ』(集英社)を読む。初めて読む作家さんでしかもハードカバーだがタイトル買い。食いしん坊?でもこの食いしん坊精神がアタリ本を発掘したりするのだ、たぶん。
ある出来事でどん底まで落ち込んだ明日羽(あすわ)は、いっぷう変わった叔母のロッカさんにやりたいことや楽しいこと、欲しいものなどを全部書き出して”明日へのリスト”を作るよう薦められる。果たして自分は何をやりたいのか?好きなことって何なのか?溺れる者が掴む藁の如き「ドリフターズリスト」に、悩まされたり振り回されたりしながらも、ちょっとずつ見えてきたり柔らかくなっていくさまにリアリティがあって共感できる。リストを潰していったところですっきりさっぱりするものでもないし、新しいことを始めたって何かが劇的に変わるものでもないっていう、行ったり来たりなもやもや具合にうそ臭さがなくてイイ。明日羽が今まで何もちゃんと見てなかったことに気付いたり、根本的な問題にぶち当たったりする度に、一緒になって胸が痛くなり、図らずも泣けてきた。私もまだまだ漂流者だなあ。40過ぎてるけどね☆

|

« 映画『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE3』 | トップページ | 『ガラスの仮面(24)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/47440869

この記事へのトラックバック一覧です: 『太陽のパスタ、豆のスープ』:

« 映画『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE3』 | トップページ | 『ガラスの仮面(24)』 »