« 『ハヅキさんのこと』 | トップページ | 十二月大歌舞伎・昼の部 »

2009年12月19日 (土)

またマンガです

「いつも不幸の準備をしてしまう」(byピースオブケイク・志乃ちゃん)おさるです。まだまだ恋愛ヤクザです。マンガで勉強?の日々。
二宮知子の『のだめカンタービレ(23)』(講談社コミックスKiss)、ついにグランド・フィナーレですよ。結構長かったねー。終わりはあっけない感じ、でも千秋さまにはやはりラブを。磯谷友紀の『本屋の森のあかり(6)』(講談社コミックスKiss)、いいなー本屋の仕事!と毎度思う。きついけどやっぱりそこには好きだからこそのシアワセが。そしてももも杜三さん、その涙の意味は何ですか...。西炯子の『娚の一生 第二巻』(小学館)も買った。成り行きで主人公つぐみと一緒に暮らす海江田教授ったら掴みどころのないおっさんなのだが、いい加減で曖昧で不安定なようで実はぶれいていない、そこが小憎いな。ちえっ。ねむようこ『午前3時の無法地帯(2)(3)』(祥伝社)も買った。主人公ももちゃんが好きな多賀谷さんっつう男子が私の好みではないため、実はそんなに乗れないんだけど、ももちゃんの仕事ぶりとか恋に悩む感じとか読んでてほんとに楽しいんだ。ももちゃん可愛いし♪だからそんな男はやめていまえ、とか思う。しかしこれで完結。
あーマンガばっかり読んでるなあ。年末年始はたまった本をちゃんと読もうね。

|

« 『ハヅキさんのこと』 | トップページ | 十二月大歌舞伎・昼の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/47060254

この記事へのトラックバック一覧です: またマンガです:

« 『ハヅキさんのこと』 | トップページ | 十二月大歌舞伎・昼の部 »