« 3&13 | トップページ | 『QED ventus 御霊将門』 »

2009年12月27日 (日)

『インスタント沼』

邦画ベストを決めていた時、そういえば原作本買ったじゃんと思い出して、ほったらかしていた三木聡の『インスタント沼』(角川書店)を読む。今更。読み進むにつれてあんなシーンやこんなシーンが鮮やかによみがえり、ふんとに面白かったことだよ。じり貧でもドロ沼でも、水道の蛇口をひねればいいんだ!みたいな、つまんない日常を生き抜くヒント的なばかばかしくて素晴らしいことがいっぱい詰まった本です。最後に沈丁花ハナメが叫ぶ言葉なんて、座右の銘にしたいくらい好きだなー。願わくば映画化の折のキャスティング表もつけてほしかった。細かくね。でもってもう一回映画も観たい。

|

« 3&13 | トップページ | 『QED ventus 御霊将門』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/47130713

この記事へのトラックバック一覧です: 『インスタント沼』:

« 3&13 | トップページ | 『QED ventus 御霊将門』 »